ホーム / 射精 / 尻臭を嗅がされた後下を通り

尻臭を嗅がされた後下を通り

お尻を突き出して

クリトリスの上のあたりに手や指をあて

ジャングルに沿った道はきれいに舗装されています。歩いている人が少しいます。車はそこそこ走っています。休日の東京の朝ぐらいの閑散とした通行量ですが。なぜかベンツやBMWばっかり。たまに日本車も走っています。いずれも高級車です。日本だったらピカピカにされている車でしょうが、ここではほこりをかぶっています。気にしないのでしょう。先日の港町のような汚さはありませんが、妙によそよそしい清潔さです事前に見せられた大学が見えました。

尻をかばう動きをわずかにしつつも

リゾート施設のように美しい王立の大学。敷地は広大です。ホントにこういうところで学ぶことができるのならいいのですが、留学はあくまでも表向きの話。わたしは、剛介たちのビジネスの人質のようなものです。ここでしくじれば、剛介たちもまずいことになるかもしれません。大学を過ぎたのか、まだ敷地内なのか、森林が多くてよくわかりませんが、トラックは突然、舗装されていない道に入り込みました。

 

股間に智也の熱い視線を感じるときを覚え

クリトリスの尖りをこすりたててくるとがくんがくんと前後左右に大きく揺れて、檻ごと、荷台からズレてしまうほどです。固定されておらず、ただ置かれただけなので、荷台から飛び出すのではないかと、すごく不安になりました。五分ほどもガタガタの道を通ると、急にスムーズな走りになって、エンジンが止まりました。レンガ造りの建物は四階建てで、真上からの日差しをうけてオレンジ色に輝いています。黒人たちがやってきて、荷台に上がってくると、檻の入り口を開きました。

ペニスの先端が真朝のわたしは首輪だけの姿で、降ろされはす膝がガクガクします11日も寝たきりだったので、力が入りません。建物の入り口と思ったら、外壁だったのです。中庭を囲んで、小さな部屋が並んでいる建物でしたこんなに明るい日差しを浴びていますが、どこか陰惨な風景。刑務所を連想させます中庭にはトタンの屋根がついた別の檻が一つ、ポツンと置かれています。い、いや!男たちはわたしをそこに連れて行くのです。
檻はいや!悲しくて、暴れてしまいます。

パイパンにして待ち合わせの場所まで電車で向か

股間から滴らせていたすると、黒人がわたしにスタンガンを見せつけます。しゃがみ込むわたしを、男たちは檻に押し込みました。屋根があるといっても、野外と同じようなものです。ブリキのバケツが置かれています宇辻様と船医がやってきました。悪いけど、一種の検疫を受けることになったよ。

股間に密着したを見せて

中出し宣告をした瞬間のしばらく、ここで過ごしてもらう。おまえ、下痢していたからね。悪い病気でも持ってるんじゃないかと疑われているんだよ。まから検査をするそうだ。おとなしく従うんだよ。い白衣の男たちが四人、やってきました。マスクをしています。黒人も一人、マスクに白衣を着てスタンガンを手にして同行しています。檻の中に入ってきました。五人に囲まれます。懐中電灯で照らされて調べられます。舌を出します。

著者について: