ホーム / ペニス / 秘肉と肛門に

秘肉と肛門に

お尻を鞭で思いきりぶたれて感じたの

股間にすっと伸びてきた

ああ、あん、や、八重さん、あん。男がこのような声を漏らしたりしないことなど、頭に浮かばないのか、それとも、声を堪えることすら頭に浮かばないのか。ヒクンと腰を引きつらせて、上半身裸の少女が震えます。ああ仰け反る葵に見えない角度で、サッと抜き出した指先が、私の視線を受け止めます。糸を引いてる。
親指をくっつけては糸を引かせて、葵の人差し指の濡れ方を誇示するように、濡れ方を伝えてきたのです。あん!

膣を蹂躙され

八重さんは、その、何とも淫猥な糸をたっぷりと見せつけてから、またもやサッと裾をかき分けて、少女の淫裂を、とらえたのです。おそらくは、ずっとくすぐられ続けた少女の身体には、ドロドロと噴き上げたくても噴き上げられないマグマが爆発寸前にまで押し込められていたはず。その身体に、八重さんの指が使われているのです。私は、のぞき穴越しに見た、クリトリスを器用にコリコリと高速で転がし続ける動きを思い出していました。それを浮かべてしまうほど、仰け反りっぱなしの葵の顔には、痛いのかと見まごうばかりの陶酔が浮かんでいたのです。

 

オーガズムの源泉は

お尻を包んでいた薄布を剥ぎしゃがみ込んだまま、肘から先を、少女の裾に割り入て、八重さんは、ねっとりした目線で見上げます。仕置きも、してやってください。ここを乗り越えさせてホンモノですからね、さ私が良いというまで、胸を触ってやってくださいな。まるで自動人形のように、私の両手は膨らみかけの乳房を覆います。掌は、吸い付くように、温州ミカンを一回りほど大きくした弾力を覆います。さっきのようなお囃子は一切入れず、ただ、葵の様子をうかがうだけ。

尻をもじつかせている旦那様、あくまでもくすぐるのですよ。ギュッとヤルと、ひどく痛むはずですからね、ああ先っぽくらいなら、強くつまんでやっても良いかしら。ま、ほどほどに。慌てて手から力を抜いて、その表面を撫でるようにスリスリとさすり、掌全体で包むように触ると、途端に、葵の口から、うつという呻きがこぼれてきます。それに調子づいて、掌と指の腹の部分を使って、茶碗を伏せた程の形と大きさの膨らみを、その弾力ごと楽しみながら、先端へと撫で上げるのです。らせんを描くように撫で上げると、瘧おこり。

亀頭部を淫裂に押しこんだ

尻臭を嗅がされた後下を通りにでもかかったように、上を向いた口から淫靡な嗚咽が止まらなくなるのです。八重さんはいつの間にか、そんな動きを見つめるだけで、裾から手を抜いています。つまりは、葵の官能は、私の両手だけに操られていると言うこと。
しかし、腰をカクカクと遣いながらも、その官能は引く気配は全くありません。かえって身体に横溢してしまった官能のマグマが見えるように、その表情が淫靡に歪みます。

挿入してもいないのに

大陰唇のまわりにまで生えている今こそ、さんざん、焦らしてから、一撃を見舞うべきだと、本能が訴えます。よし、ここで乳首を。ジリジリとすそ野から撫で上げた手は、焦らすフリをしていったん手を離した直後、系色の乳首を、両方、一気につまんでしまいます。あうう!サクラ吊られたままの身体が一瞬浮き上がるかと思ったほど、その反応は過敏でした。さんざんに焦らされた官能が一瞬にして爆ぜたのかもしれません。その反応に気をよくした私は、膨らみをキュッと掌に握りつつも、乳首の先端を指先でコロコロと転がします。

著者について: