ホーム / レイプ / アナル性交以外の本番を禁じたこういうかたちの

アナル性交以外の本番を禁じたこういうかたちの

射精準備してるのおおはぁああっ

翌日、宇辻先生が日本に戻るというのですが、先生と話をすることもなく、一階でいつもの朝が繰り返されたあと、わたしだけ、拷問官たちに連れられて広場に引き立てられました。刺青の仕上げなのかと思ったら、以前と同じように、肩に丸太を担がされ、お尻に長い柔らかな棒を入れられ、手枷、足枷姿で、街を歩かされました。王族に呼ばれたのです。前と同じように、公園のような広場に連れていかれ、そこに丸太を立てて、縛り付けられました体の傷も、心の傷も、まったく癒えていないことを思い知りました。怖くてしかたがなく、涙をポロポロと流していたのです。うそだろ、マジだぜ。あれが、そうだよ。耳を疑いました。
乳首を摘んで愛撫した

  • クンニをしなくてはいけない
  • フィニッシュに向深々と剛棒を根元まで埋めこん
  • 挿入とはちがって膣の向きと

お尻の穴をめいっぱい開いて見せたゆうこちゃん男たちの言葉がすべて理解できます。すんなり入ってくるのです。亜由美って、あんなに小柄だったんだ。建物から出て来たのは、日本人の男女です。その中に宇辻先生もいました。十人ほどいます。おまえを見るためのツアーだってさ。わざわざ日本から来たんだそうだ。言葉なんて出ません。拷問官たちがやってきます。

 

子宮に甘く響くように

道具が並べられていきます。
すげぇ、あの動画って、マジだったのかよ。近づいてもいいですか?宇辻先生が許可を出します。彼らはわたしを取り囲みました。おい、なにか言ってみろよ。日本語、忘れたのかよ。遠いところから来ていただき、ありがとうございます。となんとか言いました。涙が止まらないのです。
奴隷ってわけさ
肉棒をしごかれたら
チンポを切られるのと同じくらいの苦しみを味わ
それは郷愁だけではなく、自分だけが、このような惨めな姿をさらしているからです。日本にいたときにも、恥ずかしいことを大勢の前でさせられ続けたのですが、今回はとくにみっともなく、あさましく、恥ずかしいのです。これ、刺青なの?女の人もいます。昨日、やっていただきました。そんなことしたら、日本に帰ったときに不便じゃない?みっともないし、恥ずかしいわ。だけど、これが、この国のゲダの決まりなのです…。

 

尻の感触でした

よくわからないけど、このツアー、安くないんで、楽しませてもらっていいですか。男たちは飢えているようです言葉が通じない国に来て、不便で、恐ろしかったのですが、そこで日本の人たちに責められるなんて、悲しすぎますほら、亜由美。なんとか言え!平手で頬を叩かれました。もう始まっているのです。そうだぞ、亜由美を拷問できるツアーって聞いてきたんだからさ。安くないし、遠いし。ありがとうございます。お時間の許す限り、存分に亜由美の体をお使いください。泣いてて、かわいいわ。
尻側から引き剥がした

ペニスの先端しか咥えることができなかっめはじ

女の人がいきなりキスしてきました。その手は、腹部から下腹へとまさぐりはじめます。ため息が出ますあれだけ悲しく、辛く、絶望的な気分でいたのに、そうされるだけで、体が熱くなっていくのですさあ、じゃ、みなさん、さっそくやりましょう!体をいじられて、性器を開かれ、指を入れられながら、みなさんにお願いし続けなければならないのです。

著者について: