ホーム / M字開脚 / 痴漢もいなくなっていました

痴漢もいなくなっていました

下半身に膝掛け用のナプキンをかぶせた

でも、そのお客さんが次に来なくって逃げちやったら、どうするの?もちろん、そうされないように、こっちも工夫するんだよ。だいたいイチゲンの客にはツケで飲まさないよ。イチゲンって何?はじめてのお客ってことだよ。はじめてや、二回目、三回目は絶対、現金だよ。そこで、ちゃんと金払いのいい客か、どうか、見きわめるんだ。勃起してきたそれにね、その間に名刺もらっとくの。だ
いたい男の方から喜んでくれるよ。みんな名刺の裏に個人のメアドとか書いてきて、下心、みえみえなんだけど、その名刺見てあとで営業かけないといけないから。ママがそうしろってうるさいし会社じゃないのに、スナックも営業するんだ。いま、お店ひまだから来てーとかね。

冗談でバイブをマンコに

  • オナニーしていたのです
  • クリトリスを
  • 股間に顔を埋めた


子宮を直撃する


バイブになっていて敵をヒーヒーいわすことがで

それでね、そうやって連絡取ると、その名刺うそじゃなかったんだってわかるからね。そうやって、常連さんになったら、ツケで飲ませてあげることもあるんだよ!スー。それでお金どうやってとるの?月末にしめて、請求書送ったりするんだ。そしたら、指定した口座に振り込んでくれる。それでも払ってくれない人は、その人の会社に電話するんだよ。

乳首はさっきからしこって勃っている

会社に電話すると、たいていの人は払ってくれるよ。そうなんだ。アイちゃんすごいね。大人だね。ナオミ、興味あるの?働いてみない、スナックで?ママがいい子いないかって、聞いてたんだ。えー?うち愛想ないしダメだよ。そうかなあ、ナオミ、可愛いから絶対、人気でると思うんだけどムリ、ムリ。そーなの?


ペニスが扱かれ欲望が搾り出されていく

お尻を突き上げてきますので

ところで、ナオミって、いまどんな男とつきあってるの?いまいないよ。うそ、信じられない。ナオミは、もちろん谷川と付き合っているなどとも思っていなかったし、そもそも谷川は、友達にひけらかして自慢できるような水準の男でなかった。若くて容姿がよくて、友達をうらやましがらせないことには、男の価値はまったくない。こんないきさつがあり、ナオミは後払いで、体に触れさせることを谷川に提案したのだ。


股間をさらけだし

谷川は、今まで金の払いは確実だし、月の最初の前払いで一定の金額をもらっているのだから、友人の言っていたツケ払いを認める条件は満たしている。谷川のしている仕事なぞにはまったく興味のなかったナオミだが、まえに谷川が自分は堅い仕事をしていると言っていたような気がするそれでね、谷川さんの名刺もらっておきたいのこの子は、どこまでわかっていて、どこまで本気なのだろうか。谷川は少し恐くなった。子どもっぽい無邪気さで言っているのか、それとも計算され尽くした冷徹さで言っているの谷川は腕を組んで、うーん。ナオミが、谷川の方に寄ってきて、谷川の腕に触れる。ねえ、だめなの?

著者について: